ABOUT

ふるふるの石鹸
ふるふるの石鹸

荒牧久美子のこだわり石鹸・スクワランを販売しています。 私ももう70歳を超え、なんでこんなおばあちゃんがといわれるかもしれませんが、石鹸づくりは私にとってのライフワークなのです。 ~石鹸づくりのきっかけ~ 私は平成9年にガンの手術を受けました。もともと肌が弱かった私はその結果、肌と髪がボロボロになりました。 首筋は象の足か、ワニの背中か・・・とにかくゴワゴワ、ザラザラ、手や足、身体は乾燥して皮膚は粉雪のようにハラハラと舞い散るようなありさまでした そのため、人前に出るのがとても恥ずかしく、人と会うことがいやで、肌荒れに悩む日々が続きました。 当時の写真を探しますと、自分が写っているものは一枚もありません。肌の荒れた様子が小さい写真に残ることさえ耐えられず、カメラから逃げていたのでしょう。 本当に辛い日々でした。 病院で処方されるお薬といえば、副腎皮質ホルモン入りの塗り薬と、かゆみ止めの飲み薬。 一時的に良くなってもお薬をやめれば、以前よりひどい症状の繰り返しで、肌はだんだん荒れていきました。 思いあまって、あちこち美容室・エステ店も回りましたが「仕方ないですね、諦めてください」という言葉しか聞けませんでした。 この時から、素肌美を求め、ファンデーションいらずの肌への憧れが膨らんでいきました。 化粧品にしても、いろんなメーカーの商品を使ってみてはダメ、の繰り返しの日々を過ごしていたある日。 エエイこの業界で自分に合う商品がないのなら、「いっそ自分で作っちゃえ・・・」とチョット無謀ですが、そんな思いがヒラメきました。 それから、副腎皮質ホルモン入りの塗り薬など使わず、かゆみ止めのお薬も飲まずにすむ、本当に何が素肌のために良いのか、体の健康に良いのか、四六時中そのことばかり考え、まずは自分のために商品開発を始めました。 (このことは、コミック本『微笑みの貴公子』誕生物語で詳しく説明しております。読んでいただければ嬉しく思います。) 自分のためだけの製品が完成し使ってみると、我ながらバツグンの使用感で、みるみる昔の肌が復活しました。 これなら、同じようなお悩みをお持ちの方、アトピー・アレルギー体質の方にも自信を持っておすすめできると確信が持てました。 それが、プライベートブランド『微笑みの貴公子』誕生へとつながったのです。 お肌のことを気にしていらっしゃる方々に、この商品を使ってみてよかった!! と感じていただき、心に元気と笑顔を・・・そして幸せの輪が広がっていけばこんな嬉しいことはありません。 これからも、ガンとの闘病体験をとおして、それをもとに新しい商品開発を続けていきます。 ず~っと純粋さと感動を忘れず“お客様お一人おひとりがご自分の『微笑みの貴公子』のために美しくあっていただきたい・・・” そんな願いをこめて素肌美商品の開発に取り組んでまいります。 本当の意味での素肌美と健康、そして心豊かにイキイキ人生を送っていくことができる幸せに「ありがとう」と感謝し、皆様のお役に立つことができれば幸いです。 どうぞ『微笑みの貴公子』を末永くよろしくお願いいたします。